映像を使った演出

最近のエンドロールはどんなものがある

男女

皆さんは最近の結婚式に出席したことがありますか。最近の結婚式ビデオは一昔前と違って映像を使ったものが主流となってきました。プロフィールムービーやオープニングムービーと同じようにエンドロールとして新郎新婦が用意した写真を二人が退場した後で流します。そこには写真と一緒に参列者へのメッセージが表示されるようになりました。最近では、当日の挙式と披露宴の写真や映像をその結婚式ビデオとして編集し上映するようになりました。そうすることで、その場で結婚式を振り返ってもらうことができるからです。しかし、これはその場で編集するので普通のエンドロールよりも費用がかかります。それでもどうしてもしたいという方には結婚式ビデオで思い出を皆で共有してもらいたいものです。

これからのエンドロールの形態

これからはダイジェストエンドロール、いわゆる当日の挙式と披露宴の様子を当日に編集して上映する結婚式ビデオのスタイルが主流となるでしょう。当日に流すことによって、参列者と一緒に結婚式を作ることができるからです。ただし、DVDを流すのではなく何枚もの写真を上映することが多くなるのではないでしょうか。なぜなら、DVDは最後たった数分のエンドロールのために一日機材を借りる必要があるからです。これでは費用が重なるばかりです。でも、写真でしたらアルバム作成用のスナップ写真から作成ができますので余計な負担が増えません。最小限の負担で当日の様子を上映することが可能となるわけです。もしこれから結婚式を考えるのであれば、DVDが良いのか写真が良いのかをきちんと2人で話し合いましょう。