チャペルの式場選び

チャペルウェディングの会場選びの際に気をつける事とは

ウェディング

結婚式で人気のあるキリスト教会でのチャペルウェディングですが、その場合の式場選びの際には気をつけて起きたい事があります。 教会での結婚式の場合、その種類は大まかに2種類あると言えます。まずは、ホテルや結婚式場等に建てられた、商業用・結婚式用のチャペルと、一般的な地域のキリスト教会です。前者の場合、初めから結婚式を目的として用意されている式場ですので、挙式の場合にも誰でも問題なく使用できるといえます。 しかし、キリスト教会の場合、そこはクリスチャンの信仰の場であり、祈りを捧げる場所です。自身がクリスチャンでなく、所縁のない教会で挙式したいという場合には、事前に信者でなくても挙式を挙げられるのかといった確認をしておく事が必要です。

キリスト教会で挙式したい場合に知っておきたい豆知識について

一般的な地域のキリスト教会で挙式を望む場合、知っておきたいのは、宗派によりさまざまな違いがあるという点です。例えば、カトリック系では式を執り行なう司祭の事を「神父」と呼びますが、プロテスタント系の場合は「牧師」と呼びます。さらに、式で歌われる賛美歌(聖歌)にも宗派によって違いがあるのが一般的です。 また、教会によっては、事前に礼拝ミサへの参加や、司祭との打合せ・面談、結婚に関する講座などへの参加が必要とされる場合もあります。 費用面では、教会への献金の他に、聖歌隊への謝礼金やオルガニストへの謝礼金なども必要です。また、写真撮影やビデオ撮影、フラワーシャワーなどが出来るか否か等は、各教会によっても取り決めが異なりますので事前の確認が必須です。